無料ブログはココログ

朝の風景

  • 稲刈り2012
    みゆが子ども園に通っていた頃の,登園路の朝の風景。 田んぼの間の道を通って,四季のうつろいが感じられました。

事務所周辺の風景

  • お花屋さん?
    事務所の周辺,元町あたりの風景。

2013.07.13箱館山ゆり園

  • ゴンドラ(下り)
    高島市の箱館山にあるゆり園に行きました。 麓からゴンドラに乗って山頂に。斜面の傾斜が急で結構怖いです。 ゆり園は,一面のゆりの花とキッズランドのコラボ。 ものすごい数のゆりに感動する大人とキッズランドを楽しむ子ども。なかなかよくできたバランスですね。 結構楽しめました。 山の上はやはり涼しいですし,避暑にはよいですね。

2012.12.02坂本ケーブル

  • 延暦寺駅から浜大津方面を望む
    「坂本ケーブルに乗って紅葉を見る」というテーマで,さわりん(妻)とみゆ(6歳)と3人で出かけました。 大津市の坂本から比叡山を登る「坂本ケーブル」。さわりんも私も初めて乗りました。日本で最長のケーブルカーだそうです。 元々は比叡山の紅葉を見ようということだったんですが,遅くなってしまって,比叡山は紅葉ではなく少し雪がついていました。 麓の日吉大社で紅葉も見られて,満足。

2012.11.10陽なた村フェスタ

  • 桂 紅雀
    石田町の陽なた村の秋のフェスタ。東洋ビルホームさんからご案内があり,今年もお邪魔しました。

2012.08.26総合防災訓練

  • ヘリコプター3
    守山市の総合防災訓練が,小津小学校で行われた。 小津学区の自治会が避難訓練に参加して,小津小学校に集合。 うちの家族は,私が自治会の消防隊員にあたっていたり,中学生に参加要請があったりで,一家5人が参加することになった。 ところが,全員寝坊で,自治会の避難場所への集合時刻に遅刻。あたたた。 小津小学校への移動には間に合ったので,一緒に歩き。遠足のようでちょっと楽しい。 小津小には,消防車やら,災害時の作業車やらが集結。ヘリコプターも出動して,壮観だった。

2012.07.27熱気球

  • 気球を見上げる
    結婚8年は「ゴム婚式」というそうでして,さわりん(妻)が,その記念に気球に乗りたいと言って,なにやらいろいろ調べていましたが,意外に近場,草津市の烏丸半島で乗れることを発見したらしいです。 http://www.kanko-kusatsu.com/event/1319 期間限定で,早朝から。今年は今日が開始の日です。 結婚記念日には未だ早いですが,この機会を逃すまじということで,朝5時から家族5人で出掛けました。 会場には5時15分ごろ到着して,2人目の受付。いい感じです。 開始の6時まで,並びながら気球が準備されるのを見て,始まるとすぐに呼ばれて青い気球に乗せてもらいました。 上に上っている時間は短いもので,上って降りてくるだけですのでちょっとあっけない。 しかし,間近に気球が見れたことは,面白い体験でした。 今日はその後,みゆ(5歳)はこども園,私は仕事。朝活ですな。

2012.04.28都をどり

  • 緑が美しい
    京都の祇園,甲部歌舞練場に,都をどりを観に行きました。 最初で,たぶん最後ですね。 恥ずかしながら,上演中は少々居眠りをしてしまいました。 芸妓さん(?舞妓さん?)の発表会という感じでしょうか。絵とか書とかのお稽古事の作品なんかも展示してあって,そういう初々しさを楽しむ会ということなのかなと思いました。 例えて言うと,伝統芸版のAKB48ですね。順序は逆ですけれども。 着物のご婦人を何人も伴った,いかにも“大物”風の方も拝見し,ここならではの雰囲気を楽しませていただきました。

2012.04.01グルメサーカス

  • うさぎ
    竜王のドラゴンハットであった,「グルメサーカス」に出かけました。 全国のご当地グルメの屋台が出店して,この日は「横浜銀蝿」のライブがあるということでしたが,私もさわりんもそれには特に興味なし。ちょっとお出かけという感じです。 ドラゴンハットは,器としてはいいですね。雨が降っても大丈夫ですし,この日はちょっと寒かったですが,風除けもあって体感温度も大分違うと思いますし。 「グルメサーカス」自体はどういうコンセプトなのかよくわかりませんでしたが,みゆ(5歳)は陶芸体験を楽しんでいたようです。

2012.01.02初詣

  • 帰るぞー!
    みゆ(5歳)となお(4歳)(姪)を連れて,さわりん(妻)と小津神社まで初詣。 寒い中,2キロほどの距離を歩いててくてくと。 少し雨がぱらつく中,小津神社に到着してお参り。 パンを食べてエネルギーを補給して。歩いて帰るぞ。オー! しかし,帰り道の途中で雨が多くなってきて,おばあちゃん(さわりんの母)の車に回収されてしまいました。 小さい遠足。

2011.12.23もりやまいち

  • 富士宮焼きそば
    「もりやまいち」「100円商店街」がありました。 もえ(14歳)ひな(14歳)の学校でも屋台を出していて,もえ,ひなも午後の店番をすることになっていたので,見物に行きました。 霙が降る天気で,コンディションは良くない。あまり長居はできませんでした。 もえ,ひなは,夕方に帰ってきて,「疲れたー。」 おつかれさまでした。

2011.12.07大津港

  • アーカスと琵琶湖ホテル
    大津司調会館(司法書士会と土地家屋調査士会が一つの建物に入っている)で会議があり,始まるまでに少し待ち時間ができてしまったので,近くの大津港まで散歩しました。

2011.11.20支部旅行

  • 清洲城から伊吹山方面
    滋賀県司法書士会草津支部の日帰りバス旅行で,名古屋まで行きました。 さわりん(妻)とみゆ(5歳)はお出かけ中,もえ(14歳)とひな(14歳)は,期末試験前でさわりんから自粛命令が出て,うちの家族は私一人でした。 こうきくんとみくちゃんの2歳の子どもちゃん2人が参加したので,私は子どもちゃんたちを構って楽しんでいました。みくちゃんに「おにいさん」とか呼ばれて,これはちょっと気恥ずかしかった。 リニア・鉄道館 → 南極観測船ふじ → 清洲城 というルートです。 リニア・鉄道館は,マニアには堪らないんだろうけど,私はどう楽しんだらいいの?という感じ。しかし,鉄道史は文化史でもあるので,こういう記録を遺していくことは必要なんだろうと思います。 南極観測船ふじでは,ガイドさんに案内をしてもらっていろいろ教わりました。 不覚だったのは,ドラマの「南極大陸」に出てくる船だと思ってしまっていたこと。あれは,宗谷でした。 ちなみに,宗谷は“耐氷船”で,その後のふじは“砕氷船”だそうです。ふじは,氷に対して,前進後退を繰り返して,氷を砕いて進むということで,その前進後退の回数は,1回の航海で平均1800回に及んだそうです。 清洲城は,平成の時代に作られた天主閣(なぜか“主”なんです)ということで,大河ドラマの歴代の衣装が展示されたりしていました。 私としては,「清洲」という場所が分ったということで勉強になりました。

2011.11.6知恩院

  • 三条大橋
    京都に行く用事があり,知恩院に寄ってみました。 さわりん(妻)は,知恩院の七不思議みたいなのを調べて行きましたが,工事中のところが多くよくは見られなかったようです。

2011.09.10-11白浜

  • かき氷
    おねーね(さわりん(妻)の妹)一家との旅行です。 私のところが,私,さわりん,もえ(14歳),ひな(14歳),みゆ(4歳)の5人,おねーねのところが4人,合計9人の大人数です。 台風12号で,この白浜のあたりも相当な雨風があったと思います。行き帰りにも何台か自衛隊の災害派遣車両に出会いました。 両日とも晴天で,暑かったですね。天気のせいもあると思いますが,白浜は,南国ムードという感じで,リゾートだなーと思いました。

2011.08.21近江八幡てんびん祭り

  • THINKステージ
    ひな(14歳)が通うダンススタジオのステージがあるというので,さわりん(妻),みゆ(4歳)と観に行きました。 近江八幡の市役所の前の通りを歩行者天国にして,なかなかの賑わい。 守山の夏祭りよりエリアが広いのか,比較的混雑は少なく,過ごしやすい感じでした。

2011.06.26震災復興支援イベント

  • ゆるキャラ
    大阪,ツイン21で,近畿司法書士会連合会主催による,東日本大震災の復興を支援するイベントがありました。 私は,まあひやかしに立ち寄ったという程度でして,さわりん(妻)とみゆ(4歳)と三人で1時間ほど会場をうろうろしました。 復興の支援に貢献したといえば,福島のお酒を一つ買ったぐらいですが,賑やかしということで。 企画・運営されたみなさま,おつかれさまでした。

2011.0612小谷城址

  • ステージ前に哀愁漂う人影
    滋賀県人ですので,今年,やはりここは行っておかねばと思っておりました。 梅雨の晴れ間ともえ(14歳)ひな(14歳)の部活の合間を縫って,1000円高速で向かいました。 下調べほとんどなし。とりあえず行ってみようといういい加減な見物。 下から本丸跡まで,歩いて小1時間ということで,ちょっとした山登りですね。 本丸からさらに大嶽山の頂上まで続きますが,本丸跡までで目標達成ということで下山しました。 下山して,博覧会場で休憩して,何とはなしに,「歴ドラ隊」のステージを観てしまいました。 女の人ばかりの,宝塚風。藤丸君(男役),すっかり役にはまっている感じ。 「プリキュアショーの勝ちやね。」とさわりん評。 それなりに楽しめました。

2011.05.28讃岐

  • 加美代飴 開けると
    「高松で讃岐うどんが食べてみたい」と,さわりん(妻)がここ何年か言っておりました。 この週末,ふいに「行ってみようか」ということになり,家族で日帰りドライブに出掛けました。 目的は,讃岐うどんのハシゴをすることと,こんぴらさんで五人百姓の飴を買うこと。 明石海峡大橋→鳴門大橋→わら家(屋島)で「たらいうどん」食→こんぴらさん→セルフうどん(玉吉)で「温玉ぶっかけ」と「醤油うどん」食→帰途 四国高松まで日帰り。今時の高速道路はすごいですね。

2011.01.30なばなの里

  • おまけ
    三重県長島のなばなの里に行きました。 ウインターイルミネーションというのがされていて,去年のうちに前売り券を買ったものの,なかなか行く機会がなかったのでした。 新名神高速というのができて,守山から長島のあたりは本当に近くなりました。 なばなの里のイルミネーション,なかなか美しいものでした。 でも,寒かったー。

2010.11.25-28北海道

  • B個室上部寝台
    旅のテーマは「トワイライトエクスプレスに泊る」です。 ゴージャスでしょう? さわりん(妻)が,寝台車に乗りたい,トワイライトエクスプレスに乗りたい,と言って,格安のツアーを探してきたので,みゆ(4歳)と同行しました。 伊丹空港→新千歳空港→小樽(泊)→旭山動物園→札幌(泊)→トワイライトエクスプレス(泊)→京都 という行程でした。 みゆを連れての初めての3人旅。ぐずったりしないか少し不安がありましたが,楽しく旅を満喫しました。 今頃のシーズンの北海道は,ちょっと中途半端な,オフシーズンという感じ。トワイライトエクスプレスも少し空席がありました。おかげで快適でした。

2010.10.30-31和歌山

  • 和歌山城から
    10月30,31日にJR和歌山駅前でADRの研修会があり,ついでに家族で車に乗っての一泊旅行にしました。 10月30日朝は,台風14号が紀伊半島の沖合を通過中。台風による天候の悪化を心配しながら出掛けましたが,なぜか30日は雨も降らず比較的穏やかな天気でした。台風が通過した後の31日のほうが雨降りで,妙なものでした。

2010.09.25-26天橋立・伊根

  • 股覗き(ビューランド)
    さわりん(妻)とみゆ(3歳),それからおねーねー(さわりんの妹)一家と旅行に行きました。 「舟屋に泊る」がテーマでした。舟屋というのは,舟の倉庫のようなものですが,これは京都府の伊根町独特のものです。 伊根町の行きと帰りに天橋立に寄って観光しました。さすがにいい景色ですね。

2011.08.23伏見桃山城

  • 五七の桐
    伏見簡易裁判所に行って,その後の予定の関係で空き時間ができたので,近くの伏見桃山城址に行ってみました。 大河ドラマ「江」を観て触発されて観に行ったのですが,少々うらぶれた感じでしたね。残念ながら。 その昔(といっても昭和の話です)には桃山キャッスルランドといいう遊園地があって,私も小さい頃に来たはずです(写真がありました)。今は無くなってしまって。 さびしいね。

2010.09.23和歌山

  • ようこそ和歌山へ
    和歌山県司法書士会館で,近畿司法書士会連合会ADR運営委員会主催のトレーニング(研修会)を行いました。その時の写真。

« リーガルさんありがとう | トップページ | 自殺予防研修会 »

2011年3月10日 (木)

当事者が書いた書面

調停の実務の話です。話し合いの場でのことではなくて,その周辺の事務方の話ですが。

私,近畿司法書士会連合会(近司連)対話調停センターと,滋賀県司法書士会調停センター「和(なごみ)」に関わっています。そこで,調停の期日でのミディエーター(調停者)ではなく,その話し合いの場を設定するための事務を担当することがあります。この担当者を,近司連ではケースマネージャーと呼んでいるし,「和」では,事務担当者と呼んでいます。

それを担当していて,最近思うようになったことです。

「調停センター」というような,機関として調停をするという場合には,だいたい,利用をしたいと思う人が申込人(申立人)になり,どういうことで話し合いたいかということを書いた申込書(申立書)を提出してもらって,それを受けて相手の方に連絡をとって話し合いの場を設定するという手続きがされるのがスタンダードだと思います。

この申込書(申立書)ですが,近司連対話調停センターでも,「和」でも(たぶん),それを相手方に送るということは,現状はしていません。

私も,これまでは,申込書(申立書)を相手に送らないほうがよいという考えでした。でも,実際ケースマネージャーや事務担当者をやってみて,送ったほうがよいという考えに変りました。これがこのブログの今回のテーマです。

対話調停センターや「和」で,相手方に連絡するときに,現状どうしているかというと,事件についての具体的なことは書いていません。「○○の件で,話し合いをしたい」という,件名だけの記載になっています。

ADRでよく使われる用語でいえば,「イシュー」のみを記載しているということですね。

具体的なことは,直接話をしてやり取りをするほうが誤解が生じにくい。主張(ポジション)を固定化させないようにしたほうがよい。等といった理由から,あえてぼかしているといってよいと思います。それでも,相手方は,それまでのやり取りを経ているわけですから,何が問題になっているかというのはだいたいの察しはつくものと思います。

また,申込書(申立書)には,申込人(申立人)から見た事件についての記述がされていることになりますが,それが相手を刺激してしまい,話し合いの敷居を高くしてしまうということも考えられます。

そういうことから採られている方法,と私は解釈しています。

裁判所でいうと,民事調停では,申立書と同じものが相手方にも送られます。家事調停では,申立書は送られないのが一般的かと思います。

民事調停での,申立書の送付という手続きは,民事裁判の手続を踏襲しているといえるでしょう。弁護士会で行っている,仲裁センターとかでも,同じなのではないかと思います。

つまり,現状の,対話調停センターや「和」の,申込書(申立書)の取扱いは,客観的には家事調停での取扱いに似ているということになりますね。

私も,申込書(申立書)を相手方に送るのには反対の立場をとっていました(結構強硬に)。しかし,最近その弊害を感じるようになりました。

一度あったのは,調停の連絡のあった相手の方から,「どういうことを求めているのかわからないと,話し合いに行くべきかどうかの判断がつかない」ということで問合せを受けました。

大体は察しがつくといっても,どういうニュアンスで考えているのかとか,相手の方にとっては気になるのは当たり前といえるでしょう。内容がわからないと,却って疑心暗鬼にもなってしまうかもしれません。やはり件名だけではよくないかなという気持ちが生じました。

それで,今更ながら気付いたのですが,この,申込書(申立書)を送らない弊害というのは,別席調停で生じる弊害と同じなのですね。

裁判所での調停は,当事者同士が直接話し合いをすることはあまりなく,別々に調停委員が聞き取りをして進める,別席調停というのが普通です。しかし,それでは当事者同士のコミュニケーションの回復とは言い難いので,われわれが行う調停(ミディエーション)では,当事者が同じテーブルを囲んで話をするのを原則にしています。

やってみるとわかりますが,人から聴いた話を,他の人に伝えるのは,とてもとても難しいことです。間に入る人のフィルターがかかるし,正確に伝えられるかどうかもわかりません。当事者同士なら伝わることが,間に人が入ることでトンチンカンな内容になってしまうかもしれません。

別席の調停では,調停委員が,当事者の感情を刺激しないように,良かれと思ってしていることが,当事者を強くコントロールしていることにもなります。

最近,「和」の事務担当者をして,両当事者の書いた書面が,どちらも非常にわかりやすいもので,そのまま渡したほうがよく伝わるよと思ってしまいました。なんで,却って伝わらないようなことを書いているんやろ?と自分で疑問に思ってしまった。

「これは,相手に送る書面ですよ。相手に手紙を書くように書いて下さい。」と言って,当事者に書いてもらうのがいいと,今は思っています。

そのへんは,和田直人さんの受け売りみたいなものですけどね。

« リーガルさんありがとう | トップページ | 自殺予防研修会 »

ADR」カテゴリの記事

コメント

  なるほど。非常に考えさせられる内容です。毎回ブログを楽しみにしております。
有難うございました。

消費生活相談員さま

コメントありがとうございます。
11日の稲葉さんの講演会,ご出席ありがとうございました。

新潟県司法書士会の関川です。
入江先生経由で貴ブログを楽しく読ませてもらっております。

さて、今回の話題は、にいがたADRセンターでもまさに同じ経緯をたどりました。
当初は、ケースマネージャーが簡単に「~」の件と書いたものを送っていたのですが、やはり相手方から、「申込人が何を言っているのかわからないのに話し合いに応じられない」と言われたことがあったこと、ケースマネージャーのフィルターを通すと違うものになってしまう可能性が高いことから申込書を相手に送る方法に変えました。

そして実際に、当センターの申込書には、「この申込書は基本的には相手方に送ります」との説明書きを入れております。

今後とも情報発信楽しみにお待ちしています(^_^)/~

関川さま

コメントしていただきありがとうございます。また,拙文をお読みいただきありがとうございます。

にいがたADRセンターでは,すでにそうやって取扱いを変えたのですね。
参考になります。ありがとうございます。

この受付の段階でのやりとりは重要ですよね。
去年の和田直人さんの研修で、このことを議論して、近司連でも何回か検討しましたね。
この問題を発展させたら、申込書および回答書をかくことを、受付担当者がお手伝いするかどうか。
手伝う場合は、申込人と相手方との受付担当を別にした方がいいかどうか、が問題になりました。
そして、札幌会のパートナー司法書士の制度なんかになるんでしょうね。
パートナー司法書士は別々について、法律相談にものる。しかし期日には出席しないそうです。
近司連では、いくつかの方法を並行して、試行したらどうかなと思っています。
 田畑和博 

田畑さん
詳しいコメントをいただきありがとうございます。
仲介者の操作が入る部分をできるだけなくしたいというのが私の書いた趣旨です。
試行してみるしかないかなと私も思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当事者が書いた書面:

« リーガルさんありがとう | トップページ | 自殺予防研修会 »