無料ブログはココログ

朝の風景

  • 稲刈り2012
    みゆが子ども園に通っていた頃の,登園路の朝の風景。 田んぼの間の道を通って,四季のうつろいが感じられました。

事務所周辺の風景

  • お花屋さん?
    事務所の周辺,元町あたりの風景。

2013.07.13箱館山ゆり園

  • ゴンドラ(下り)
    高島市の箱館山にあるゆり園に行きました。 麓からゴンドラに乗って山頂に。斜面の傾斜が急で結構怖いです。 ゆり園は,一面のゆりの花とキッズランドのコラボ。 ものすごい数のゆりに感動する大人とキッズランドを楽しむ子ども。なかなかよくできたバランスですね。 結構楽しめました。 山の上はやはり涼しいですし,避暑にはよいですね。

2012.12.02坂本ケーブル

  • 延暦寺駅から浜大津方面を望む
    「坂本ケーブルに乗って紅葉を見る」というテーマで,さわりん(妻)とみゆ(6歳)と3人で出かけました。 大津市の坂本から比叡山を登る「坂本ケーブル」。さわりんも私も初めて乗りました。日本で最長のケーブルカーだそうです。 元々は比叡山の紅葉を見ようということだったんですが,遅くなってしまって,比叡山は紅葉ではなく少し雪がついていました。 麓の日吉大社で紅葉も見られて,満足。

2012.11.10陽なた村フェスタ

  • 桂 紅雀
    石田町の陽なた村の秋のフェスタ。東洋ビルホームさんからご案内があり,今年もお邪魔しました。

2012.08.26総合防災訓練

  • ヘリコプター3
    守山市の総合防災訓練が,小津小学校で行われた。 小津学区の自治会が避難訓練に参加して,小津小学校に集合。 うちの家族は,私が自治会の消防隊員にあたっていたり,中学生に参加要請があったりで,一家5人が参加することになった。 ところが,全員寝坊で,自治会の避難場所への集合時刻に遅刻。あたたた。 小津小学校への移動には間に合ったので,一緒に歩き。遠足のようでちょっと楽しい。 小津小には,消防車やら,災害時の作業車やらが集結。ヘリコプターも出動して,壮観だった。

2012.07.27熱気球

  • 気球を見上げる
    結婚8年は「ゴム婚式」というそうでして,さわりん(妻)が,その記念に気球に乗りたいと言って,なにやらいろいろ調べていましたが,意外に近場,草津市の烏丸半島で乗れることを発見したらしいです。 http://www.kanko-kusatsu.com/event/1319 期間限定で,早朝から。今年は今日が開始の日です。 結婚記念日には未だ早いですが,この機会を逃すまじということで,朝5時から家族5人で出掛けました。 会場には5時15分ごろ到着して,2人目の受付。いい感じです。 開始の6時まで,並びながら気球が準備されるのを見て,始まるとすぐに呼ばれて青い気球に乗せてもらいました。 上に上っている時間は短いもので,上って降りてくるだけですのでちょっとあっけない。 しかし,間近に気球が見れたことは,面白い体験でした。 今日はその後,みゆ(5歳)はこども園,私は仕事。朝活ですな。

2012.04.28都をどり

  • 緑が美しい
    京都の祇園,甲部歌舞練場に,都をどりを観に行きました。 最初で,たぶん最後ですね。 恥ずかしながら,上演中は少々居眠りをしてしまいました。 芸妓さん(?舞妓さん?)の発表会という感じでしょうか。絵とか書とかのお稽古事の作品なんかも展示してあって,そういう初々しさを楽しむ会ということなのかなと思いました。 例えて言うと,伝統芸版のAKB48ですね。順序は逆ですけれども。 着物のご婦人を何人も伴った,いかにも“大物”風の方も拝見し,ここならではの雰囲気を楽しませていただきました。

2012.04.01グルメサーカス

  • うさぎ
    竜王のドラゴンハットであった,「グルメサーカス」に出かけました。 全国のご当地グルメの屋台が出店して,この日は「横浜銀蝿」のライブがあるということでしたが,私もさわりんもそれには特に興味なし。ちょっとお出かけという感じです。 ドラゴンハットは,器としてはいいですね。雨が降っても大丈夫ですし,この日はちょっと寒かったですが,風除けもあって体感温度も大分違うと思いますし。 「グルメサーカス」自体はどういうコンセプトなのかよくわかりませんでしたが,みゆ(5歳)は陶芸体験を楽しんでいたようです。

2012.01.02初詣

  • 帰るぞー!
    みゆ(5歳)となお(4歳)(姪)を連れて,さわりん(妻)と小津神社まで初詣。 寒い中,2キロほどの距離を歩いててくてくと。 少し雨がぱらつく中,小津神社に到着してお参り。 パンを食べてエネルギーを補給して。歩いて帰るぞ。オー! しかし,帰り道の途中で雨が多くなってきて,おばあちゃん(さわりんの母)の車に回収されてしまいました。 小さい遠足。

2011.12.23もりやまいち

  • 富士宮焼きそば
    「もりやまいち」「100円商店街」がありました。 もえ(14歳)ひな(14歳)の学校でも屋台を出していて,もえ,ひなも午後の店番をすることになっていたので,見物に行きました。 霙が降る天気で,コンディションは良くない。あまり長居はできませんでした。 もえ,ひなは,夕方に帰ってきて,「疲れたー。」 おつかれさまでした。

2011.12.07大津港

  • アーカスと琵琶湖ホテル
    大津司調会館(司法書士会と土地家屋調査士会が一つの建物に入っている)で会議があり,始まるまでに少し待ち時間ができてしまったので,近くの大津港まで散歩しました。

2011.11.20支部旅行

  • 清洲城から伊吹山方面
    滋賀県司法書士会草津支部の日帰りバス旅行で,名古屋まで行きました。 さわりん(妻)とみゆ(5歳)はお出かけ中,もえ(14歳)とひな(14歳)は,期末試験前でさわりんから自粛命令が出て,うちの家族は私一人でした。 こうきくんとみくちゃんの2歳の子どもちゃん2人が参加したので,私は子どもちゃんたちを構って楽しんでいました。みくちゃんに「おにいさん」とか呼ばれて,これはちょっと気恥ずかしかった。 リニア・鉄道館 → 南極観測船ふじ → 清洲城 というルートです。 リニア・鉄道館は,マニアには堪らないんだろうけど,私はどう楽しんだらいいの?という感じ。しかし,鉄道史は文化史でもあるので,こういう記録を遺していくことは必要なんだろうと思います。 南極観測船ふじでは,ガイドさんに案内をしてもらっていろいろ教わりました。 不覚だったのは,ドラマの「南極大陸」に出てくる船だと思ってしまっていたこと。あれは,宗谷でした。 ちなみに,宗谷は“耐氷船”で,その後のふじは“砕氷船”だそうです。ふじは,氷に対して,前進後退を繰り返して,氷を砕いて進むということで,その前進後退の回数は,1回の航海で平均1800回に及んだそうです。 清洲城は,平成の時代に作られた天主閣(なぜか“主”なんです)ということで,大河ドラマの歴代の衣装が展示されたりしていました。 私としては,「清洲」という場所が分ったということで勉強になりました。

2011.11.6知恩院

  • 三条大橋
    京都に行く用事があり,知恩院に寄ってみました。 さわりん(妻)は,知恩院の七不思議みたいなのを調べて行きましたが,工事中のところが多くよくは見られなかったようです。

2011.09.10-11白浜

  • かき氷
    おねーね(さわりん(妻)の妹)一家との旅行です。 私のところが,私,さわりん,もえ(14歳),ひな(14歳),みゆ(4歳)の5人,おねーねのところが4人,合計9人の大人数です。 台風12号で,この白浜のあたりも相当な雨風があったと思います。行き帰りにも何台か自衛隊の災害派遣車両に出会いました。 両日とも晴天で,暑かったですね。天気のせいもあると思いますが,白浜は,南国ムードという感じで,リゾートだなーと思いました。

2011.08.21近江八幡てんびん祭り

  • THINKステージ
    ひな(14歳)が通うダンススタジオのステージがあるというので,さわりん(妻),みゆ(4歳)と観に行きました。 近江八幡の市役所の前の通りを歩行者天国にして,なかなかの賑わい。 守山の夏祭りよりエリアが広いのか,比較的混雑は少なく,過ごしやすい感じでした。

2011.06.26震災復興支援イベント

  • ゆるキャラ
    大阪,ツイン21で,近畿司法書士会連合会主催による,東日本大震災の復興を支援するイベントがありました。 私は,まあひやかしに立ち寄ったという程度でして,さわりん(妻)とみゆ(4歳)と三人で1時間ほど会場をうろうろしました。 復興の支援に貢献したといえば,福島のお酒を一つ買ったぐらいですが,賑やかしということで。 企画・運営されたみなさま,おつかれさまでした。

2011.0612小谷城址

  • ステージ前に哀愁漂う人影
    滋賀県人ですので,今年,やはりここは行っておかねばと思っておりました。 梅雨の晴れ間ともえ(14歳)ひな(14歳)の部活の合間を縫って,1000円高速で向かいました。 下調べほとんどなし。とりあえず行ってみようといういい加減な見物。 下から本丸跡まで,歩いて小1時間ということで,ちょっとした山登りですね。 本丸からさらに大嶽山の頂上まで続きますが,本丸跡までで目標達成ということで下山しました。 下山して,博覧会場で休憩して,何とはなしに,「歴ドラ隊」のステージを観てしまいました。 女の人ばかりの,宝塚風。藤丸君(男役),すっかり役にはまっている感じ。 「プリキュアショーの勝ちやね。」とさわりん評。 それなりに楽しめました。

2011.05.28讃岐

  • 加美代飴 開けると
    「高松で讃岐うどんが食べてみたい」と,さわりん(妻)がここ何年か言っておりました。 この週末,ふいに「行ってみようか」ということになり,家族で日帰りドライブに出掛けました。 目的は,讃岐うどんのハシゴをすることと,こんぴらさんで五人百姓の飴を買うこと。 明石海峡大橋→鳴門大橋→わら家(屋島)で「たらいうどん」食→こんぴらさん→セルフうどん(玉吉)で「温玉ぶっかけ」と「醤油うどん」食→帰途 四国高松まで日帰り。今時の高速道路はすごいですね。

2011.01.30なばなの里

  • おまけ
    三重県長島のなばなの里に行きました。 ウインターイルミネーションというのがされていて,去年のうちに前売り券を買ったものの,なかなか行く機会がなかったのでした。 新名神高速というのができて,守山から長島のあたりは本当に近くなりました。 なばなの里のイルミネーション,なかなか美しいものでした。 でも,寒かったー。

2010.11.25-28北海道

  • B個室上部寝台
    旅のテーマは「トワイライトエクスプレスに泊る」です。 ゴージャスでしょう? さわりん(妻)が,寝台車に乗りたい,トワイライトエクスプレスに乗りたい,と言って,格安のツアーを探してきたので,みゆ(4歳)と同行しました。 伊丹空港→新千歳空港→小樽(泊)→旭山動物園→札幌(泊)→トワイライトエクスプレス(泊)→京都 という行程でした。 みゆを連れての初めての3人旅。ぐずったりしないか少し不安がありましたが,楽しく旅を満喫しました。 今頃のシーズンの北海道は,ちょっと中途半端な,オフシーズンという感じ。トワイライトエクスプレスも少し空席がありました。おかげで快適でした。

2010.10.30-31和歌山

  • 和歌山城から
    10月30,31日にJR和歌山駅前でADRの研修会があり,ついでに家族で車に乗っての一泊旅行にしました。 10月30日朝は,台風14号が紀伊半島の沖合を通過中。台風による天候の悪化を心配しながら出掛けましたが,なぜか30日は雨も降らず比較的穏やかな天気でした。台風が通過した後の31日のほうが雨降りで,妙なものでした。

2010.09.25-26天橋立・伊根

  • 股覗き(ビューランド)
    さわりん(妻)とみゆ(3歳),それからおねーねー(さわりんの妹)一家と旅行に行きました。 「舟屋に泊る」がテーマでした。舟屋というのは,舟の倉庫のようなものですが,これは京都府の伊根町独特のものです。 伊根町の行きと帰りに天橋立に寄って観光しました。さすがにいい景色ですね。

2011.08.23伏見桃山城

  • 五七の桐
    伏見簡易裁判所に行って,その後の予定の関係で空き時間ができたので,近くの伏見桃山城址に行ってみました。 大河ドラマ「江」を観て触発されて観に行ったのですが,少々うらぶれた感じでしたね。残念ながら。 その昔(といっても昭和の話です)には桃山キャッスルランドといいう遊園地があって,私も小さい頃に来たはずです(写真がありました)。今は無くなってしまって。 さびしいね。

2010.09.23和歌山

  • ようこそ和歌山へ
    和歌山県司法書士会館で,近畿司法書士会連合会ADR運営委員会主催のトレーニング(研修会)を行いました。その時の写真。

成年後見・相続・遺言

2014年12月 2日 (火)

死亡診断書

成年後見の仕事上のことですが,お医者さんから死亡診断書の発行を渋られて困っております。
被後見人さんの親御さんが1年半ほど前に亡くなって,生命保険金が支払われることになっているのですが,その手続きのために死亡診断書(のコピー)を保険会社に提出しなくてはなりません。これを出してもらえないのです。

人が亡くなると,死亡診断書(又は死体検案書)が出されます。左半分は死亡届書になっていて,これを役所に提出することになります。この,役所に提出する時に,死亡届=死亡診断書のコピーはとっておいたほうがいいですよ。
コピーがないと,今回のように困ったことが生じたりします。

保険会社から死亡診断書のコピーの提出を求められて,本人の手元になさそうだったので,亡くなった時に診てもらった医療機関に診断書の発行の依頼に行きました。
なんといういこともなく受付はしてくれて,昨日,「できましたよ」と連絡があったので取りに行ったのですが,そこで機関の内部でストップがかかってしまったようです。
結構待たされた挙句,「医師会に照会したら,役所で取ってもらうよう指示された」ということで,発行してもらえず,無駄足を踏まされてしまいました。

民間の生命保険の手続きのためという理由では,役所で死亡診断書の写しを出してもらうことはできないと聞いていたので,「え?どうせえちゅうの?」という話です。

また,話の途中に,“成年後見をよく知っている人”が来て,「戸籍にも亡くなったことが書いてあるんだから,戸籍謄本で代替できるはずだ。私はそれで手続きした。」と強硬に主張されるので,「保険会社に死亡診断書が必要な理由を説明してもらいましょう。」とスゴスゴと退散いたしました。

今日,保険会社の人から電話があって,「死亡原因によっては支給される保険金が違ってくるので,戸籍謄本では代替できません。」との説明を受けました。
ごくごく常識的な回答ですよね。

調べてみると,死亡診断書等死亡届の情報は,届けから1か月ほど当該の市区町村役場に置かれて,その後は法務局に移管されるそうです。法務局で死亡届の記載事項証明書というのが発行されますが,原則非公開で,①利害関係人から,②特別な事由がある場合に限ってというのがその条件になります。
「特別な事由」に当たらないものの例示として,民間の生命保険手続きが挙げられています。

つまり,「医師会の指示」とされるものは,全くの無理難題ということです。わかってんのかなあ?この人ら,ホンマに。

私が依頼した医療機関,私が成年後見人であったということと,亡くなってから1年半経っての死亡診断書の依頼であったということで,相当戸惑われたようでした。
大変な慌てぶりがお気の毒でもありました。

でもなー。もうちょっとまともな対応してほしい。

2014年8月13日 (水)

なんだかなー

後見事務でさる新聞販売店に伺ったのですが,話が進まないまま辞去して帰ることとなってしまいました。
大人気ないと言えば大人気ない。でも,世の中にはどうにも合わない人というのがおられます(私の場合,多いかもしれませんけど)。

昨日,被後見人さんの新聞代が滞納になっているらしいという連絡をヘルパーさん経由で受けて,その新聞販売店に問合せの電話をしました。
この被後見人さん,わりと自分でなんでもされるので,支障がない限りはお任せをしています。それだけに,こちらも,よく掴めない部分も多いのです。

で,とりあえずの取っ掛かりとして販売店に電話をしたのですが,電話の相手の方(販売店の責任者と思しき人)に何やら不信感を持たれたらしく,拒絶するような対応をくどくどとされてしまいました。
こちらとしては,新聞屋さんも新聞代を払ってもらえないと困るんじゃないかと思い,事務的に,支払いの手続きの話を進めたかったのですが,拒絶の態度に終始する相手の対応にうんざりしてしまい,
「そちらも困っておられるかと思って電話したんですが,もう少しお話の仕方を考えられたほうがいいですよ。」と苦言を述べました。
(どうも,この「困っている」という言葉が相手さんの地雷ワードの一つだったのでしょうかね)
で,とにかく電話ではこちらの素性もわからんので訪問します,ということで,今日その販売店に伺ったのです。

そういう経緯があったので,販売店で対応した人物(電話の相手と同一人と思われる)は,どうにも私に不満があったようでした。
居丈高オーラを発散させて,私に,「なんで電話で“司法書士”と名乗らなかったのか?」とか,「仕事で後見人をしているなら,滞納して申し訳ないという態度を示すべきじゃないか」とか,「『困っているんじゃないか』とは,上から目線だ」とか,ちょっと私からするといちゃもんをつけられているようなことを延々聞かされてしまいました。
だって,そんなことを,上から威圧するように言われてわね…。

どうにも,こちらが非を認めるまで許さないという態度でしたので,
「あんたとは話にならない。私はもう知らない。」
と言って辞去して参りました。
相手さんは,「仕事を放棄するのか」とか言ってましたけど,あんたには言われたくないわと思いました。
大人気ないと言えば大人気ないんですけどね。
あまり不毛な時間を過ごしたくもないので。

相手さん,「私はコミュニケーションの勉強をしているから,コミュニケーション能力は高いんだ」とおっしゃっていました。
なんだかなー。

私も,ADRとか,コミュニケーション系の仕事もしてるわけですが,結構こういうふうに人と衝突します。
同じようなもんかなー。
自分をコントロールするのは難しいってことかなー。

2014年8月 8日 (金)

住民票と戸籍附票

昨日、今更ながら気付いたこと。
郵便局で、被保佐人さんの住所変更の手続きをしようとして、まあ昨日は結局できなかったんですが、ちょと得心してしまったのでした。
住所を示す書類といえば住民票が代表的ですが、他に戸籍附票というのもあります。本籍地の役所にあって、住所の履歴が書かれています。
昨日、戸籍附票を持って郵便局に住所変更の手続きに行ったのですが、これではできませんと言われました。住民票だったらOKだって言うんです。なんじゃそら!?って思いました。
違いは何かというと、住民票には生年月日が書いてあって、戸籍附票にはそれがないということなんですね。名前と生年月日で人を特定するというのはよく使われる手法です。確かにそれは違うなと思いました。
戸籍謄(抄)本には生年月日が書かれています。戸籍附票は、「附票」というだけに、戸籍謄(抄)本とセットなのかもしれませんね。
今更ながら、書類の性格について考えさせられた出来事でした。

2013年12月21日 (土)

なんでも相談会

今日は,大津市の「高齢者・障害者なんでも相談会」に参加しました。

大津市と特定非営利活動法人あさがおの主催で,高齢者・障害者の相談を“なんでも”受け付ける相談会です。

行政の高齢者・障害者福祉の担当の方,精神保健福祉士さん,社会福祉士さん,弁護士さん,社会保険労務士さん,司法書士等が30人以上集まっての相談会です。なかなかすごい。

1人の相談者に,相談内容に関係しそうな相談員が複数ついて,時間無制限でじっくりと話をするという方法をとっています。

こういう方式の相談会は,岡山が発祥らしく,滋賀県では,大津市が先進的に取り組んでいます。

私は今回が初めての参加でしたが,これだけの高齢者・障害者福祉の関係者と一緒に何かをするというのも初めてで,大変に新鮮で面白い経験でした。

午前中には同様のメンバーで事例検討会がありましたが,報告者を支援するような雰囲気があり,好感が持てました。

相談会終了後は相談内容をシェアする機会があり,これも勉強になりました。
私のごく個人的な経験でいうと,初期の京都クレジット・サラ金被害者平安の会の定例会と似たような雰囲気があり,懐かしく感じました。

この「なんでも相談会」は,県内でも徐々に広がっているようです。
私も,また参加させてもらいたいと思います。

2012年6月 4日 (月)

却下決定書

先日,後見の登記事項証明書をオンラインで申請しようとして失敗したケース。
後見人の住所を事務所にするとオンラインでは申請できないと教えられました。

一旦申請したものは,「補正の期限が来たら却下になりますから,放っておいてもらっていいです。」と言われていたのでそのままにしていました。
そしたら,こんなんが来ました。

「20120604.pdf」をダウンロード

なんか物珍しかったので,アップしてみました。

2012年6月 1日 (金)

口座名義の変更 もう一つ

前回,金融機関での預金の後見人名義への変更の手続きのことを書きましたが,今日も別のところに手続きに行きました。

めっちゃ速かった。30分ぐらいで済みました。

「今から行きます」と電話を入れて行ったわけでもありません(その前に一つ用事があったので時間が読めなかったのです)。
1週間ぐらい前に必要書類の確認の電話を入れただけなのですが,その時から待ち構えておられたようです。
なんかすごい気合が入っていて,圧倒されました。

すごいです。感心しました。滋賀銀行草津市役所出張所。

2012年5月29日 (火)

口座名義の変更

成年後見人を引き受けた件があり,その方の預金口座を後見人名義に変更する手続きをするために出掛けました。

いつもながら,この種の手続き,結構時間がかかります。
多分あまり日常的にはない手続きなので,金融機関のほうも戸惑うのでしょう。

所要時間1時間と見積もって,2軒やろうと思っていたのですが,1軒目で1時間半以上時間がかかって,2軒目は断念しました。

印鑑証明書を返してもらったところ,後から「やっぱり原本をもらわないといけません」と電話があって届けに行くことになってしまうし,なんだかなー。

金融機関のほうも,手続きだけに手間をとられて,大変だろうけどね。

2012年5月23日 (水)

事務所で登記したけれど

幾人かの方の成年後見人をさせていただいています。

成年後見人になると,東京法務局にその後見人の住所・氏名が登記されます。
以前は,住民登録上の住所(=自宅)での登記しか認められませんでしたが,最近は事務所所在地での登記もされるようになっています。

私も,最近就任した件を,事務所所在地で登記してもらいました。

しかしこれ,思わぬ不便がありました。

成年後見の登記事項証明書を,インターネットで申請して郵送してもらうことができるんですが,今日この申請をしたところ,事務所所在地で登記した分は発行できないと連絡がありました。

あららー,そうなの。とがっかり。

インターネットでの申請の時には電子証明書とかICカードとかを申請者の証明書として使うのですが,成年後見の登記では,司法書士業界で発行しているカードは使えず,市役所で発行された公的個人認証のカードを使うことになります。
しかし,事務所所在地を後見人の住所として登記していると,公的個人認証カードの住所と登記された後見人の住所が異なることになるので,ダメということでした。

せっかく公的個人認証カードを作ったのになー。

2010年8月30日 (月)

後妻さんの相続

相談のお話しを聞いていて,ふと,妙なことに気がつきました。

私の理解が違っていたらすごい恥ずかしいんですが。

被相続人(=亡くなった方)には,前妻さんの子が3人います。後妻さんは健在です。

相続分は,後妻さんが2分の1,3人のお子さんが各6分の1ということになります。

もう一人,後妻さんのお子さんが別におられます。

この方は,この被相続人の相続人ではないということになります。

ですが,もしこの後妻さんが亡くなられたらどうなるでしょう?

後妻さんとの養子縁組がなければ,前述の3人のお子さんは,後妻さんの相続人にはなりません。別におられる後妻さんのお子さんが唯一の相続人になります。

つまり,極端な言い方をすると,前述の被相続人の財産は,3人の実子さんには6分の1ずつ,別におられる後妻さんのお子さんには2分の1という割合で相続されるということになります。

なんだか??ですね。

配偶者(=この場合後妻さん)の相続分が2分の1であるというのは,離婚時の財産分与と似たような考え方なのかもしれません。

しかし,一方では,配偶者が2分の1を相続しても,その後に全て子に相続されるし,両親が亡くなって子どもに相続がされるってことだよね。という感覚も私にはあります。

上の例,何だか妙な感じがしませんか?