汽車の発車時間までまだ間がありましたので,北海道大学まで歩きました。
時の人は,鈴木章名誉教授。ノーベル賞受賞を祝う垂れ幕が出ていました。